セフジニルカプセルとジェネリック

今回は風邪ですが、早く治そうと思い病院に行きました。

処方された薬はセフジニルカプセルですが、セフゾンカプセルのジェネリックです。

セフェム系の安全な薬なのですが、これも耐性菌多いだろうなーと思っています。

作用も副作用も同じですが、セフジニルカプセル100mgが39.20円と安めです。

先発品のセフゾンカプセル100mgの方は63.00円です。

この先生、以前にセフゾンカプセルを出したと思うのですが、今回は違うようです。

どうしてセフゾンじゃないのか薬局で聞いてみました。ο(’・’〃)ο″

処方箋のジェネリック変更不可にチェックが入っていたらジェネリックに変更できません。

今回の場合はその逆で、ジェネリック指定で処方されています。

この場合は薬剤師の判断で先発品を出すことはできません。

最近では一般名で処方箋を書くことが多いので、この薬の一般名はセフジニルカプセルです。

一般名を書かれた場合は調剤薬局で先発品でも後発品でも出すことができます。

ところが、このセフジニルカプセル100mgというのがくせものなのです。

一般名なのか薬品名なのかおわかりですか?

これは、100mgがついているから薬品名なのです。

セフジニルカプセル100mgというジェネリック指定の処方箋なので、薬剤師の判断で先発品を出すことはできない。

ということになります。

これでまたひとつ知識が増えた抗生物質オタクのわたしです。

(北海道 みくにさん)

>>セフジニルカプセルの購入はこちら