ストレスからくる睡眠不足であごに大人ニキビが

最近疲れがたまると、アゴに大人ニキビができるようになってしまいました…。
ショック~。
以前はこんな事なかったのに、体質も肌質も変わってしまったんでしょうか。
アゴに出るニキビの原因はホルモンの乱れの表れと聞いたことがありますが、
たぶん、睡眠の質が落ちたせいもあると思います。
わたしってストレスがピークに達すると、なかなか眠れなくなるんですよね。
そういうときは決まって夜更かしせず早めに横になるんですが、全然寝付けなくて。
それもそのはず、布団の中で体中にものすっごい力が入っているんです。
朝方に力尽きて深い眠りに入れたと思ったらアラームが…とか、そんなことばかり。
この状態になると、おかしなことに、力の抜き方をまったく思い出せないんですよ…。
自分の身体じゃないみたい。
そんなことでは当然疲れも取れるわけもなく、ストレスがストレスを呼ぶ、という悪循環。
ついにはニキビという形でストレスが肌にあらわれた…ということなのだと思います。
しかし、原因はわかっているので、良い方法はないのかとネットで調べてみることに。
わたしの場合、ニキビができたのは睡眠不足のせいで、その睡眠不足は「入眠時、どうしても力が入ってしまう」ことから来ているので、そこを改善する方法ですね。
そのなかで目に付いたのは、両肩にギュッ!と力を入れて、一気に力を抜き同時に肩を落とす、という一連の動作。
単純そうに見えますが、意外にも効きました。
頭で考えるより、忘れた動作を身体に覚えなおさせたほうが早いのかもしれません。
アゴにできていた大人ニキビも、眠りが深くなるとほどなく枯れていきました。
睡眠は大事ですね。