ゴルフをすると出来る原因不明の蕁麻疹

20代の頃ゴルフを始めた。
近くのうちっぱなしに何度かかよっていたある日、レッスンの途中で何となく熱っぽいような気がした。
終わって帰ろうとすると手やお腹に蕁麻疹が数個できていた。
蕁麻疹は子供の頃からほとんど経験がないので驚いた。
痒くてかいていたら増えてきた。さっき熱っぽかったのは気のせいではなかった。
帰りに車を20分ほど運転して帰ることができてほっとした。
それからも打ちっぱなしは通った。しばらくは蕁麻疹がでなかった。
しかしある日また出始めた。今回は前回よりも湿疹が広がっていくペースが早い気がした。途中でゴルフを終始して様子をみていたがみるみるまに湿疹がひろがり喉の方までできていることがわかった。
呼吸もしづらくなってきた。車の運転をする自信が無かったので、1時間ほど車中で安静にしていた。ピークをすぎた感じをしたので運転して帰った。
次の日皮膚科を受診した。
思い当たる原因は最近始めたゴルフだと思うと伝えた。
先生は蕁麻疹が出ているときに受診してもらいたかったと言っていた。
問診の結果考えられる理由は、ゴルフをするときに着用する手袋、練習場の芝生に使われている農薬なのではないかと言われた。
その後ゴルフコースに出た際に3ホール目で蕁麻疹が出て途中でやめることになった。
それ以来ゴルフはやっていない。

(大阪府 大谷佳子 (仮名)さん)