ゴホンと言えばジェニナック錠

最近PM2.5とか飛んできているみたいですね。

天気予報と並んでPM2.5の分布予測というのもあります。

パソコンの上にも何か細かいチリのようなものが積もっています。

そういえば昨日は北海道あたりに大量に飛んできたとかニュースでやってました。

いやですね。咳ばかりしています。

ごほんといえば龍角散もなめてみましたがどうも喉が痛いのです。

仕事も休みだし、ちょっと病院に行ってみようかな。ο(‘・’〃)ο″

なんて思いながらいつもの医者に会いにいってきました。

「喉が痛くて龍角散では治りません。なんとかしてくださいよ、先生。」

聴診器を当てられて、心臓の周りと気管支あたりの音を聞いている様子。

「はい、お背中もみせてくださいね。」と、おばちゃんの看護師が言います。

はいはい、言われなくてもお背中みせますよー。もう。

「背中の呼吸音は大丈夫ですね。気管支と喉だけでしょう。」と先生の声です。

今日は何の薬を出すのだろうという期待と不安の入り混じった瞬間です。

今日の抗生物質は何系?なに系?といつも構えて待ってます。

ジェニナックとトローチを出しておきます。と言われました。ρ(・・、)

え?なんですかそれ?何系なの?

「何系って、キノロン系だけど、気に入らない?」

「最近、マクロライドの耐性菌が多いからねー。キノロン系に変えてみようか。」

(と言われましたが、キノロン系の耐性菌も多いでしょ、先生。)

と、口には出さず、なんとなくそう思いました。

キノロン系のジェニナックですね。膀胱炎でクラビットを飲みましたけど、それは大丈夫なのだろうかと思いながら、帰宅して飲んでみました。

わりといい感じで効いてます。このジェニナック錠。

喉も気管支も楽になりました。
まだ耐性がついていないのね、と何気なく思いながら・・・。

(北海道 みくにさん)

>>ジェニナック錠の通販サイトはこちら