コリン性蕁麻疹にアタラックス錠

コリン性蕁麻疹と診断されて皮膚科から処方されています。

処方は1日3回の服用です。

飲みだしてから、もう8年間ほどが経ちます。

皮膚科の医師はもうそろそろ治っても良さそうなものだがと最近は不満そうです。

しかし、治らないものは治らないので、仕方ありません。

汗をかいたり、バンドで留めたりしたところが、ぷくっと赤く膨らむのです。

気分的に落ち着かない時にも、皮膚の柔らかい部分が膨らむことがあります。

大変かゆいです。

アタラックスには気分をリラックスさせる効果もあるとか。

ただ、プライベートでも仕事でもリラックスできない状態が長く続いています。

だから、なかなかコリン性蕁麻疹が治らないのでしょう。

また、私は以前アトピーになったこともあります。

もともとアレルギー体質なのかもしれません。

とにかく今のところ、コリン性蕁麻疹が完治する兆候は見えていません。

皮膚科の医師は、コリン性蕁麻疹にはアタラックスが効くと言います。

確かに悪化はしていません。

コリン性蕁麻疹と診断された当初に比べると、多少は良くなってきたと感じます。

しかし、先生が望む速さで治っていないのは確かです。

今のところ、気になるような副作用は生じていません。

早くアタラックスと縁が切れる日が来ることを願っています。

(熊本県 はなしのぶさん)