カフェインを摂りたくない時とても重宝するルイボスティー

ルイボスティーの事を初めて知ったのは、ある友人を通じてです。
当時その友人はがん手術後で、食事や飲み物にはとにかく体に良いものを、と心がけていたので、健康に良いものの情報量は半端ではありませんでした。
彼女に会いに行った時、「これ美味しくてしかもすごく体にいいのよ」と教えてもらったのがルイボスティーです。
それまでルイボスティーというものがあることさえ私は知りませんでした。
彼女が淹れてくれた濃い琥珀色の温かい飲み物を飲んでみて感じたのは、たしかに味がしっかりしていて美味しい!ということ。
独特の香ばしさが私には好ましい風味です。
すっかり気に入ったルイボスティーでしたが、いざ探してみるとどんな店にも置いてある、というわけではないということが分かってきました。
そもそもこのルイボスという植物、日本でも採れるのでしょうか。
調べてみるとルイボスはマメ科の植物で、南アフリカの一地域でしか生息していないものだとのこと。あの香ばしさは、豆を煎った時に立ち上る香りに通じるものがあるのでしょうか。
そしてルイボスティーの特徴としてまず上げられるのは、カフェインを含まないということ。
カフェインは交感神経を刺激するので、神経症や不眠症を患っている人はなるべく避けたい物質です。
しかしコーヒーや紅茶、緑茶など殆どの飲み物にはカフェインが含まれています。
なのでルイボスティーはどんな人も安心していただける飲み物だと言えるでしょう。
更に有害物質が殆ど含まれていないので、赤ちゃんから飲む事ができること、ミネラル分が豊富に含まれていて健康維持に役立つなど、日頃から体調に気を配っている方がたには絶対おすすめですよ!
なお、今は近くのスーパーで常時ルイボスティーを置いている所を見つけたので、そこを利用してルイボスティーを楽しんでいます。

>>ルイボスティーのおすすめ購入先はこちら