アメリカの排卵検査薬を試してみました。

いま私は妊娠7か月です。

ここに至るまでには、半年ほどの通院と排卵誘発剤の服用、それから毎月の排卵検査薬との戦いがありました。

初めはロート製薬のドゥーテストを使っていました。

12本入りでお得ではあったのですが、それでも価格は4000円になります。毎月それだとちょとお財布にも響いてきます。

そこで、色々と探して見つけたのがインターネットで購入できる海外製の排卵検査薬でした。

海外製と一口に言っても、中国製、アメリカ製、ヨーロッパ製など様々でしたが、私はアメリカのワンステップという検査薬を購入してみることにしました。

価格は、私が利用していたサイトでは40本入り(+4本おまけ)で2950円で送料なども含まれていたので、かなり安かったと思います。

(到着までにはちょっと時間がかかるのだけが難点でした)

日本製の頑丈なスティックタイプとは違って、海外製は細くて短い形状で

「本当にこれで大丈夫かなぁ」

と、ちょっと不安があったので、初めの月だけは日本製と比較しながら使ってみました。

その結果、反応の良し悪しは私の場合は認められなかったので、安心して使うことにしました。

排卵検査薬は1日に1度で良いとお医者さんも言いますが、LHサージのピークはいつくるかわかりません。
ちょっとでもチャンスを逃したくない私は、排卵期に入ったと思われる頃には少なくとも1日2回は使用していました。

価格が安いので、気にすることなくバンバン使えたのも、精神的にはよかったのかなと思います。

そのサイトで検査薬を購入すること3回目にして、妊娠することができました。

排卵検査薬は読み取りも難しいこともありましたが、私は本当に助けられました。

毎月あった下腹部の鈍痛が排卵痛だったと確信できたのも、排卵検査薬があったからだと思います。

色々なものを試してみる価値はあると思います。