ものもらい(麦粒腫)をオフロキシン眼軟膏で治しました。

1~2年前のことです。

仕事が忙しく睡眠時間が4~5時間の日が1週間位続いたことがありました。

日曜日の朝、少し疲れ気味でしたが翌週に来客の予定もあり、家の掃除をしました。

お風呂やトイレ、玄関などもいつもより念入りに掃除したのですが、その2~3時間後何となく右目が痒いような感じがしました。

片付けなどでバタバタしていて目の痒みのことはそのまま放っておきました。

翌朝起きますと、目の中が少しゴロゴロするような感じがしました。

明るい場所で鏡で確認しますと、上の目のキワの1本のまつ毛の根本が赤くなっていました。

まぶたまで一部赤くなっていて、触ると痛みがあります。

まばたきしますと、違和感がありました。

急いで、病院の眼科を受診しました。

ものもらい(麦粒腫)とのことでした。

まぶたを清潔に保ち、手などで触らないこと、髪の毛が目にかからないように注意することなど教えていただきました。

その時に薬はオフロキシン眼軟膏を処方していただきました。

眼のキワに塗って使う塗り薬です。

1日3度塗るように言われました。

指示とおりにオフロキシン眼軟膏を眼のキワの赤くなった部分に塗りましたら翌日の朝起きた時にはずいぶんまぶたの赤味が改善していました。

オフロキシン眼軟膏を1日3度毎日塗りましたら、ものもらい(麦粒腫)は3~4日後にはほぼ治りました。

(東京都 ゆりさん)

>>オフロキシン眼軟膏の購入はこちら